鉄器
当社の主力商品であるグラウンドマンホール鉄蓋をはじめとする上下水道用鋳鉄資材、車止めなどの景観資材や、鍋などの家庭用品の開発・設計を行っています。上下水道資材では、「IY型ロック機構付鉄蓋」(雨水流入防止型)をはじめマンホール蓋のスリップ防止の「MCガード」、アスファルト補修材「MSK」家庭用品では、鉄の特性を生かした独自の製品を開発し、製品化して参りました。
鋳物にこだわらない新しい分野の商品開発にも力を入れています。
デザイン力でハイクオリティな製品開発を目指す。
当社では開発・設計にCADシステムを活用し、開発段階での検討や製図は全てCADデータにより行っています。
CADで開発するメリットについてですが・・・例えば、デザインマンホールの絵柄については、最初のデザインと実際の製品になってからのイメージが異なってくる場合が多く、細かな手直しが必要となります。デザインの検討にはデザイン案を基に原寸大で検討図を作成、出図しお客様のイメージ通りか実際に確認して頂いた上で、製品化しております。
デザインマンホールについて
全国各都市におけるマンホール鉄蓋のデザインの提案から製造まで一貫して行っています。マンホールの蓋には様々な模様がありますが、ただ黒くて地味なマンホール蓋だけではありません。施工される場所のイメージをデザインしたものをマンホール蓋に描くこともできます。
各市町村にゆかりのある幾何学模様だけでなく、今ではその土地をイメージできるデザインが多くなっています。
カラーデザインマンホールについて
更に、カラー樹脂を使用してカラフルなデザインマンホール蓋も作ることが出来ます。つまり、マンホール蓋は単なるカバーではなく、街の景観材料の役割も果たすことができます。特に歩道整備の際に人目に触れる場所でデザインマンホールを採用することでその町をアピールできます。例えば、県市町村特有の花や木、景色、景観美の一翼を担っているのです。
右の図は長野県諏訪市のφ300デザインマンホール鉄蓋ですが、従来の左図にあるデザインにカラー樹脂を流し込む為、右図のようにデザインしました。
このように、現在使用しているデザイン蓋をカラー化することもできます。